ペットバイタブル
   きたスロ検索
きたスロ メニュー
リンク

北のスロウライフ リンクについて
リンクについて...


Created by upDate.

Made on Mac.


きたスロ特集 > 北海道への移住を支える 距離を感じさせない家作り 

北海道への移住を支える 
「距離を感じさせない家づくり」
            小松建設株式会社(伊達市)


  伊達市では、地域で暮らす人のニーズを満たすサービスを提供することで、真の意味で豊かな生活を送ることが可能になる、を基本姿勢とした「伊達ウェルシーランド構想」を柱にまちづくりに取り組んでいます。
 “豊かなまち創出協議会”は、この構想の事業化に向け、官民が協力し、新たな生活産業を創り雇用を促進できるよう活動しています。
 北のスロウライフ特集第2回目は、伊達市の小松建設株式会社。「豊かなまち創出協議会」会長を務める小松幸雄社長が、お施主が首都圏にいながら北海道での新居の建築をどう支えたかを紹介します。


距離を感じさせない家作り
 緑の木々の中に、埋もれるようにぽつぽつ家が散在している広大な別荘地。
「ようこそ。いらっしゃい」すっきりとした、木肌が見えるシンプルなお宅。まだまだ肌寒いこともある北海道の6月なのに、奥様は無垢の床に素足で現れた。足もとが暖かいOMソーラーの家ならではの日常の風景です。
「いかがお過ごしでしたか?」「今年の灯油の使用量は?」
 あいさつもそこそこに、家主のO夫妻に何か困ったことはないかと親切に問うたのは、このお宅の建築を請け負った小松建設の小松幸雄社長です。


 これは千葉県から移り住まれたO夫妻を訪ねた時の1シーン。小松建設がある北海道伊達市より、噴火湾の向こうに見える駒ヶ岳のふもとの鹿部町まで約3時間車を走らせる。新築後3年を経ても、こうして日々の暮らしの様子を伺い、時折鹿部まで足を伸ばしています。

北海道と千葉 離れた場所で家づくり
 O夫妻がお住まいなのは、鹿部町の温泉の湧く広大な別荘地。団塊世代にあたるOさんは、どこか静かなところへ移り住もうと早期退職を決め、千葉にお住まいのまま北海道へ住宅を建築することになりました。

初めはメールで始まった
 Oさんが新築するにあたって決めていたことは、「OMソーラー」の家を建てること。OMソーラーの会員工務店へ資料請求し、中でも伊達市の小松建設に目が止まり、メールで連絡されました。
 そんなOさんに、小松幸雄社長は「まず、お会いしましょう」と伝えます。
「家づくりというのは、出来合いのものを売る、というわけにはいかないんです。まず、その人に会って話をして、その人となり、どういう暮らし方をしたいのか、それらが分かった上でなければ設計に入れないですからね」


 一人一人にあった家を建てる際、なるべく地元のもの、自然への負荷の少ないものを使用する。これが小松建設の基本姿勢です。こういう小松さんは、地元噴火湾産の養殖ホタテの貝殻を再利用した「ホタテ漆喰」の開発者であり、製造販売する株式会社「藍杜工房」の社長も務めています。
 「当時、千葉に住んでいましたから、千葉にいながら北海道で建てるというのは、よっぽど信頼していないと難しい。建築途中、何度も行けませんしね。ある種のかけ、のようなものと思っていました」とOさん。
 北海道まで足を運び、小松さんと実際に接し、信頼関係が生まれ、「この人なら大丈夫」と家作りのパートナーとして小松建設を選びました。

まずは建築予定地へ
 うっそうとした広葉樹林の中の建築予定地を、建物や畑の配置を考えながら、二人で現場を歩きます。「家庭菜園を楽しみたい」、「裏口から畑に直接出入りできるようにしたい」、「眺めのよい浴室をつくり温泉を楽しみたい」など、暮らしのイメージを確認していきました。

共に意見を出し合って


 プラン作りはメールでのやりとりで。希望事項を出してもらい、Oさん自身がつくられた設計プランをもとにやりとりを続けます。小松さんからは、作りつけの家具や特別注文の家具のデザインや、素材はできるだけ自然素材で地元のものを、という提案がありプランが固まりました。
 道産のカラマツ材でみつろう仕上げの素足が気持ちいい床も、小松さんの提案により実現。
 建設期間中も小松さんは週に一度は現地へ足を運んで完成を迎えました。
 こうして、第一感想が「思っていた以上に住みやすい」という、北海道の真冬でもストーブを使うのは最小限、それでも快適に暮らせる家ができあがりました。

つくったあとも
「とにかく、北海道と千葉、それに伊達と鹿部の距離を感じてほしくなかったんです」と小松さん。
 その姿勢は家が完成してからも続きます。時折連絡をとり、ふらりと訪問しの関係は今も続いています。
 「湿度は大丈夫。木が調整してくれる感じ」「そういえば、テーブルの足、今後はわざわざキャスターにしなくてもいいですよ。床のすべりがいいので裏になにか張るだけで押すと動きますから」と、住まい手からは、実際に住み始めてからの感想が次々と飛び出します。
 遠く離れた地で一緒に創った家、どのように住んでいらっしゃるのか、創った後も続くコミュニケーションで得られた感想は、確実に次の建設に生きていきます。


人や地球環境に負担をかけないまちづくり
 小松さんは、そのままでは街の産業廃棄物になってしまう貝殻を、消臭性や調湿性に優れたエコ建材「ホタテ漆喰」に見事に生まれ変わらせた立役者。
「地域の材料で地域ならではの建築をする。それが我々の使命」と考える小松さん。今特別の関心を持っている「バウビオロギー」(ドイツ語で建築生態学の意)の理念にも適う。これは、わかりやすくいうと、「人や地球環境に負担をかけない家や街づくりをしよう」という思想。


 小松さんは、昨年春には本場ドイツまでバウビオロギーの理念や実践を学びに出かけ、今年1月には伊達建設事業協同組合の建設会社メンバーとともに、ヨーロッパの最先端エコ住宅を学ぶため、ドイツ「BAUメッセ」を視察に行きました。
 伊達市のまちづくりの中核に、地球環境に負担をかけない家や街づくりを目指す人がいてくれる。今後の伊達の街づくりの展開が楽しみになってきます。


小松建設株式会社
北海道 伊達市 錦町105
電話 : 0142-23-2043
FAX : 0142-23-4545




<コラム> 移住者からのメッセージ あんまり張り切りすぎないで 



 O夫妻が移住先に北海道を選んだのは、ご主人が幼い頃札幌に住んだ経験から。もともと移住者が開拓した地で、あまりしがらみもなく移住者でも入りやすいと感じていたからだそう。その中でも別荘地を選び、雪の少ない温泉のあるのんびりした土地でゆったりとした暮らしを実現されました。
 土地を購入するまでに、暖かい時期と厳寒期の両方訪れ、その気候を確認したそうです。
 お二人からの一番のアドバイスは「非日常的なことを求めて、あんまり張り切りすぎないこと」。 第二の人生、畑もしたい、陶芸もしたい、ガーデニングもしたい、とあれこれ張り切る方に、意外と長続きしていなくて、せっかく移住生活を始められても、しばらくしてもとの地へ戻られる方もいるそうです。
 「新しい自然の中の土地に移って、キャンプ気分で毎日お客様のお相手をするわけではない。実は日々の生活の繰り返し。どこへ行っても毎日の日常なんです。その日常をいかに過ごすか、に焦点をあてて今後のことを考えられるといいと思いますよ」と、経験に基づいたお二人の実感のこもったアドバイスをいただきました。
伊達に住む 伊達市のご紹介 きたスロ特集


入会メニュー
最新の移住Q&A

注目の移住Q&A


Copyright © 2006-2018 upDate inc. All rights reserved.

『北のスロウライフ』(きたスロ)は北海道伊達市への移住を考える方への情報サイトです。北海道への“移住”や“定住”をキーワードに地元情報発信する会員とやりとりをしたり、同じ目的の会員同士がつながれるような「使える」情報サイトを目指しています。 (2015年から個別対応のため休止中) 地図や温泉、観光、スキー場、ツアー、お土産、居酒屋、高速道路等の情報もあります。 兄弟サイトの北海道伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』(武者ナビ 伊達 伊達市武者なびも)もよろしくお願いします。伊達市ポータルサイト(伊達ポータルサイト だてしぽーたるさいと だてぽーたるさいと)としてご利用下さい。伊達市は、伊達武者まつり等で有名な武者が開拓した街です。 北のスロウライフ(スローライフ すろーらいふ すろうらいふ きたのスロウライフ 北のスローライフ きたのスローライフ きたすろ 北スロ きたスロ キタスロ) ほっかいどう ホッカイドウ 移住 定住 伊達市 伊達 胆振 西胆振 室蘭 登別 有珠 有珠山 洞爺湖 洞爺湖町 洞龍 とうろん 温泉 ポータルサイト 北海道 道南 道央 有珠山 洞爺湖 噴火湾 北の湘南 お土産 御土産 おみやげ オミヤゲ 飲食店 飲みや 飲み屋 夜 ショッピング 遊び あそび 遊ぶ 遊ぶ 学ぶ まなぶ 買物 買い物 かいもの 海産物 魚介類 海 うみ 潮 しお 建築 建設 家 一戸建て アパート マンション 不動産 賃貸 土木 伊達市 ナビゲーションシステム ホテル ほてる 旅館 宿泊 泊る とまる 観光 かんこう カンコー 特売 セール 安売り クーポン イベント インフォメーション プレゼント 賞品 商品 移住 長期滞在 エリア 限定 田舎暮らし 田舎ぐらし いなかぐらし 遺跡 歴史 まつり 祭り イベント コンサート 伊達紋別駅 商店街 だてもんべつ 海 山 自然 体験 移住体験 中長期滞在 体験移住 体験メニュー 移住No.1 移住ナンバー1 地方に暮らす 地方生活 スローライフ すろーらいふ 噴火湾 豊かなくらし 豊かな暮らし マチづくり まちづくり 北海道観光 滞在型観光 ウィークリーマンション 貝塚 アイヌ文化 アイヌ 善光寺 zenkoji 有珠善光寺 うすぜんこうじ 開拓 武士開拓 伊達邦成 伊達 邦成 亘理藩 羊蹄山 有珠山 有珠山ロープウエイ 昭和新山 火まつり 火祭り 洞爺湖 洞爺温泉 室蘭 伊達やさい 伊達野菜 むしゃ 武者 むしゃまつり 武者祭り 武者まつり 団塊世代 団塊の世代 WICC