ペットバイタブル
   きたスロ検索
きたスロ メニュー
リンク

北のスロウライフ リンクについて
リンクについて...


Created by upDate.

Made on Mac.


きたスロ特集 > ユニーク! 市立のまちづくり研究所「ボランティアでまちづくり」

伊達市噴火湾文化研究所
大島直行所長インタヴュー


 伊達市は、地域で暮らす方たちのニーズを満たすサービスを提供することで、『真の意味で“豊かな=wealthy”生活を送ることが可能になる』を基本姿勢として官民協働で、まちづくりに取り組んでいます。
 そんな伊達市には、まちづくりを研究テーマとする市立の研究所があります。
 伊達市噴火湾文化研究所は、縄文時代から現代まで、噴火湾の豊かな海に育まれたさまざまな文化を調査・研究し「まちづくり資源」として、その研究成果を市政に生かしています。全国でも珍しい「まちづくり研究所」の取り組みを大島直行所長にお聞きしました。

・・・噴火湾文化とは 何ですか?
 大島所長 「噴火湾文化」とは、伊達の市民にとってもなじみのない言葉かもしれません。伊達は、自然や文化、歴史の面でも、室蘭や洞爺湖町などと同じ、大きな噴火湾という海に面した街として共通の要素をもっており、噴火湾とそれを取り巻く自然と関わりをもちながら独特の文化を育んでいます。この大きなくくりとしての噴火湾の中で、伊達がどういう環境なのか、伊達で何が起ってきたかをみていくため、「噴火湾文化」という大きな枠組みを新たに創り出しました。

・・・まちづくりの研究所と言われる意味は?
 大島所長 噴火湾をテーマとして自然や文化を研究するのですが、それが目的ではない。従来でしたら、研究成果は博物館や美術館などで活用して終わりですが、それをさらにもう一歩進めたところで仕事しようと考えています。



ご存知のように伊達は明治3年に亘理伊達家の人々が開拓にきてできた街です。同じような歴史はお隣の室蘭や登別、白老にもあるわけです。こういうものも研究し終わるとそこで終わってしまうわけですが、実はそれらの歴史は市民の生活に密接に関わっている。これをまちづくりの素材に使おう、そこに知恵をだそう、というのが私たち研究所の役割なんです。こういう発想でつくられた研究所は全国でも他にはどこにもないと思います。

・・・具体的にその素材、どのように活かされているのでしょう?
 大島所長 文化財を私たち研究所が活かすのではなく、市民自身に活かして欲しい、というのが、この研究所の考え方のひとつです。
 この研究所の母体となったのが市の文化財課ということもあり、初めにとりかかったのが文化財のボランティアのグループです。
 こういう「文化財ボランティア」というのは全国どこにでもあり、ごく一部の知識や関心の高い人しか集まってこないもので、これはまちづくりというところからは遠いところにあるのですが、これをあえて最初からまちづくり、としてとらえ取り組みました。


 遺跡を管理するのは行政の仕事ですが、これを市民と一緒にやる、官民の協働という形をとろうということ。当然、市民の皆さんの趣味の会ではないし、単に行政が市民にお手伝いをしてもらう、というのでもない。市民がきちっとした意見をもち、行政に参画する、ということです。
 市民が行政に参加できる仕組みを整えていく、これが私どもの役割の一つとなってできてきたんです。

・・・北黄金貝塚での取り組みについて
 大島所長 2つのグループが北黄金貝塚で活動しています。
 ひとつは、黄金貝塚周辺に縄文の森を復活させようという「縄文スクスク森づくりの会」。 


ドングリなどの広葉樹の苗木を育て、植林し、下草刈りなど作業を続けています。史跡の整備は従来は行政の仕事ですが、これを市民の皆さんと行っています。最初は3000平方メートルくらいだったのが、今では15000平方メートルにまで広がり、最初は森なんかできるのかな?という感じだったのが、今では立派な林になりました。20年、30年やっていると当初夢見ていた縄文の森ができると思います。
 今ではメンバーが勉強をして、市民講座を開くようになりました。啓発事業までやってくれているのです。
 行政がやっていたことを、市民が知恵をだし共にやっていく、という積極的な行政参加の形になってきたな、と思います。
 もうひとつは、「オコンシベの会」。これは遺跡のガイドグループ。遺跡の案内や体験学習の指導を行っています。体験学習の指導は、初めは職員が行っていたのですが、ちょっと練習をすれば市民でもできるのでは、という声よりボランティアが行うようになりました。勾玉づくりや粘土で土偶をつくったり、貝のアクセサリーをつくったりといったメニューが人気となり、2005年で約1000人も体験者が増え、冬季休みを除く8ヶ月間で、年間9000人の皆さんが体験学習の為に訪れるようになりました。
 いづれも官民協働で、どなたでも参加できるという形をとったため、会員が多く、なかなか辞める人がいないのです。これまで全く遺跡に足を運ばなかった人も、近所の方の話を聞いて、それなら私もできるかもしれない、と参加するようになる。

・・・開拓記念館でのボランティアについて
 大島所長 この他にも、伊達中心部の開拓記念館に関わる2つのボランティア組織があります。開拓記念館公園の様々な文化財の現地解説、資料の整理・展示作業、庭園の整備作業の支援等を行う「くわの会」と、開拓記念館公園の庭園内に野草園や池を中心としたビオトープづくりを行う「だて記念館びおとーぷクラブ」が活動しています。


 また、ありがたいことに、私達研究所を応援してくださる「かけはしの会」というボランティア団体もあります。こちらは、まちづくりの提言、学会や学術講演やシンポジウム等のボランティアスタッフとして、また、データベースの作成・補修・復元など資料の整理保存などの活動を行っています。
・・・市民参加とまちづくりについて
 大島所長 あるとき気付いたのですが、会員の中の相当数、伊達以外の地域から越してきた「移住者」の会員が多いんですよ。中高年の方が多いのですが、そういう方々は地元の人にはないまた違った目線で伊達や遺跡のことを見ています。
 またこの活動自体が、言葉は大げさですが、皆さんの「生き甲斐」になっているようです。これは予期していなかった効果です。
 これを続けていく中で、ボランティアの環境を整えより多くの人が協働で作業できる環境を整えること、それ自体がまちづくり、だと考えるようになってきました。
伊達市の文化財ボランティア

・・・2007年度は
 大島所長 過去の文化遺産を活用することについて述べてきましたが、未来の文化をつくり出すことにも取り組んでいます。
 2006年度より「だて噴火湾アートビレッジ」事業を始めました。伊達市の郊外にアトリエを構える洋画家、野田弘志・大藪雅孝画伯のお二人の指導の元に、絵画セミナーや音楽公演などを開催しました。今後は、市が所蔵やご寄託いただいている作品や図書などの展示をしていきたいと計画中です。野本醇先生の絵画や、掛川源一郎先生の写真、それに様々な民俗資料なども皆さんに見ていただけるようにしていきたいと思います。これからも様々な知恵をだし、市政に活かせるよう提案していきたいと思います。

伊達市噴火湾文化研究所
〒052-0031
北海道伊達市館山町21番地5
TEL 0142−21−5050
FAX 0142−22−5445
伊達に住む 滞在メニュー 伊達移住者の体験記


入会メニュー
最新の移住Q&A

注目の移住Q&A


Copyright © 2006-2018 upDate inc. All rights reserved.

『北のスロウライフ』(きたスロ)は北海道伊達市への移住を考える方への情報サイトです。北海道への“移住”や“定住”をキーワードに地元情報発信する会員とやりとりをしたり、同じ目的の会員同士がつながれるような「使える」情報サイトを目指しています。 (2015年から個別対応のため休止中) 地図や温泉、観光、スキー場、ツアー、お土産、居酒屋、高速道路等の情報もあります。 兄弟サイトの北海道伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』(武者ナビ 伊達 伊達市武者なびも)もよろしくお願いします。伊達市ポータルサイト(伊達ポータルサイト だてしぽーたるさいと だてぽーたるさいと)としてご利用下さい。伊達市は、伊達武者まつり等で有名な武者が開拓した街です。 北のスロウライフ(スローライフ すろーらいふ すろうらいふ きたのスロウライフ 北のスローライフ きたのスローライフ きたすろ 北スロ きたスロ キタスロ) ほっかいどう ホッカイドウ 移住 定住 伊達市 伊達 胆振 西胆振 室蘭 登別 有珠 有珠山 洞爺湖 洞爺湖町 洞龍 とうろん 温泉 ポータルサイト 北海道 道南 道央 有珠山 洞爺湖 噴火湾 北の湘南 お土産 御土産 おみやげ オミヤゲ 飲食店 飲みや 飲み屋 夜 ショッピング 遊び あそび 遊ぶ 遊ぶ 学ぶ まなぶ 買物 買い物 かいもの 海産物 魚介類 海 うみ 潮 しお 建築 建設 家 一戸建て アパート マンション 不動産 賃貸 土木 伊達市 ナビゲーションシステム ホテル ほてる 旅館 宿泊 泊る とまる 観光 かんこう カンコー 特売 セール 安売り クーポン イベント インフォメーション プレゼント 賞品 商品 移住 長期滞在 エリア 限定 田舎暮らし 田舎ぐらし いなかぐらし 遺跡 歴史 まつり 祭り イベント コンサート 伊達紋別駅 商店街 だてもんべつ 海 山 自然 体験 移住体験 中長期滞在 体験移住 体験メニュー 移住No.1 移住ナンバー1 地方に暮らす 地方生活 スローライフ すろーらいふ 噴火湾 豊かなくらし 豊かな暮らし マチづくり まちづくり 北海道観光 滞在型観光 ウィークリーマンション 貝塚 アイヌ文化 アイヌ 善光寺 zenkoji 有珠善光寺 うすぜんこうじ 開拓 武士開拓 伊達邦成 伊達 邦成 亘理藩 羊蹄山 有珠山 有珠山ロープウエイ 昭和新山 火まつり 火祭り 洞爺湖 洞爺温泉 室蘭 伊達やさい 伊達野菜 むしゃ 武者 むしゃまつり 武者祭り 武者まつり 団塊世代 団塊の世代 WICC